プロのネイリストとしてデビューするためには、ネイルサロンで働くのが一番確実で安全な方法です。
資格取得後にいきなり自宅サロンを開業される方もいますが、キャリアのなさやノウハウの欠落で失敗する可能性が高くなります。

ネイルサロンで働くには、まず面接をクリアしなければなりません。
ここでは面接対策についてまとめています。

志望動機はしっかりと

ネイルサロン面接で必ず聞かれる質問が「なぜうちを選んだのですか?」です。
ここで試験官を納得させられる答えを提示しなけばなりません。
「駅の近くで通いやすそうだから」
「求人票に書いてあった給与が高かったので」
「お店が綺麗だったので良いなと思った」

こんな答えでは積極的に採用したいとは思いません。
お店が駅から遠ければ応募しかなった、給与が低かったら応募しなかった、つまりその程度の志望動機なのだと思われてしまいます。

また給与が高いのが魅力なのも分かりますが、実際にどれだけお店の売り上げに貢献できるかどうかの方が重要です。
いくら高給与のお店に就職出来たとしても、実力がなくて戦力外ではやがてリストラされる可能性もありますよね?
ネイル業界は実際、甘い世界ではないんです。

ですから「この応募者は甘っちょろい!」と思われるような志望動機は絶対止めてください。
「スクールで学んだジェルネイルの技術でお店の売り上げに貢献したい」「技術はもちろん、明るい性格なのでお客様を元気にするために働きたい」など、前向きな理由が理想です。

コミュニケーション能力も問われます

ネイルサロンは接客業なので、顧客とのコミュニケーション能力が高いネイリストの方が喜ばれます。
内気でお喋りが苦手な方もいますが、技術力が抜群に高くて珍しい施術が出来るならともかく、並みの技術しかない場合は不採用になる可能性もあります。

面接では出来るだけ明るく、そして笑顔で面接官と会話するように心がけましょう。
ずっと俯いたまま、暗く、会話も少ない人物では不採用になっても仕方がありません。
それくらいコミュニケーション能力が重視されるのです。

その他注意点とは?

お子さんがいる場合は、昼間にお子さんをどこに預けるのか、働ける時間は?など子育てと仕事が両立出来るかどうかを聞かれます。
残業が発生する場合もあるので、できるだけ保育時間に融通の利く保育園に預けておく方が有利です。

また面接の段階で「お給料は?休日は?有給はもらえますか?賞与はどれくらい出ますか?」と、強引に待遇の話しばかりするのも印象が良くありません。
「求人の内容はこれで間違いありませんか?」のような確認をする方が無難です。