ネイリストの資格取得目指すなら、2つの資格の取り方があります。
通信教育でコツコツと自宅学習する方法と、スクールに通学して技術と知識を学ぶ方法です。
後者の場合、プロ講師の技を直接自分の目で確認出来る事や同じ夢をもつ生徒同士で交流出来るなどメリットもありますが、お金と時間がかかるのはデメリットです。

どちらを選ぶかは志望者の状況によります。
それぞれの利点と不利な点を考えながら、最適な学習形態を考えてみましょう。

スクールでネイル技術を学ぶのに向いた人は?

スクールの場合、通学する手間はありますが目の前でプロ講師がいて直接指導してもらえるのは最も大きな魅力です。
実技も、やすりの使い方など基礎的な事からしっかり指導してくれるので安心。

またスクールの場合ネイルサロンへの就職を紹介してくれる、また就職相談に乗ってくれるケースもあるので、確実に技術をマスターし、ネイルサロンに就職したい方は向いた学習法と言えます。

ネイル技術を通学で学ぶメリット

ネイル技術を通学で学ぶ場合、様々な技術を講師から直接レクチャーしてもらえるのが最大のメリット。
特に初心者は道具の名前を覚えたり、基本的な使い方からマスターしなければなりません。

最初の段階で間違った道具の使い方を覚えてしまうと、検定試験で不合格になるなど後々まで響いてしまいます。
スクールの場合は通信教育とは違い、正しい道具の使い方など基礎的な部分からしっかり教えてくれるのが安心ポイント。

同じ夢をもった生徒と同じ教室で学ぶ事は、モチベーションを維持する上でも大いに役立ちます。
「あの人には負けたくない!」と思えるライバルがいると、学習にも身が入りますよね。

ネイル技術を通学で学ぶデメリット

ネイルスクールでネイルケアやジェルネイルなどの技術を学ぶデメリットもあります。
まず大きいのが学費の問題。
通信教育の場合は約10~20万円で学習出来ますが、通学になると約30~50万円、スクールによっては約80万円近い学費が必要です。

もちろん大学や短大、専門学校に通えば1年で学費は約100万円程はかかりますので、決して高い学費ではないのです。
けれどまとまった金額には違いありませんし、学費以外にも交通費などもかかりますので、お金がかかるのが最大のデメリットです。

また開講時間も決まっていますので、学校のスケジュールに合わせて行動する必要もあり、働きながらの通学はなかなか難しいもの。
最近は好きな時間に好きなだけ授業を受けられる学校も登場しています。
託児所付属の所もありますので、小さいお子さんがいても学習できる可能性があります。